歯学部中退者の保護者の方からのご質問


◆歯学部自主退学(中途退学・放校・除籍)の方の保護者の方からの主なご相談内容

【ご質問1】

父親が歯科医師で、息子には是非、歯科医院を継いで欲しいと願っていますが、在籍していた歯学部を退学することになりました。他大学の歯学部編入を受験することはできますか。


清光からの回答

歯学部を中退、或は自主退学や除籍、放校の後、再度歯学部への編入学は、各大学の募集要項によって異なりますが、一般編入学試験を実施している大学でしたら、単位の取得状況によって、歯学部編入試験の受験が可能です。

現在のところ、私立大学で、歯学部一般編入試験を実施している大学がありますので、歯学部を自主退学や除籍、放校のご経験が有っても編入が可能な大学があります。また、国公立大学の理学部編入などを経由し、国立大学歯学部編入を目指していただくことも可能です。清光までご遠慮なくご相談下さい。


【ご質問2】

息子が、歯学部6年まで進級した後、歯学部最後の試験で失敗しました。最近やっと精神的に立ち直り、今後の将来を考えるために、とりあえず大学卒業(学士取得)をさせて、将来に備えてほしいと考えております。どのような進路、再出発が可能でしょうか。

 

清光からの回答

一般編入学試験を実施している大学の、ご希望の学部の理学部や工学部などの3年次一般編入学が可能です。大学を卒業(学士取得)し、就職を目指す方もいらっしゃいますし、大学院で研究職として活躍される方、学士編入制度を利用して国公立大学の医学部歯学部編入を目指す方もいらっしゃいます。歯学部を中退、或は自主退学や除籍、放校となった場合でも、様々な進路がございます。御子息様の再スタートを全力でサポートさせていただきます。


【ご質問3】

子供が現在私立大学歯学部の4年生に在籍していますが、5年生への進級を失敗して、今年で3年目になります現在、自主退学の勧告を受けているようです。親としては、何とか歯学部を卒業して欲しいと思っています。

本人としては、歯学部に在籍するにしても今の大学に留まる事は嫌な様子です。

このまま、歯学部を自主退学、中退、放校となっても他大学の歯学部に移って国家試験受験まで進む良い方法はあるでしょうか。

 

清光からの回答

歯学部歯学科を自主退学・中退・放校された方が再度歯学部へ戻る方法はあります。

他大学の歯学部一般編入学試験を受験して2年次への編入は可能です。

また、他大学の理学部等(国公立大学が望ましい)に編入し卒業後、国立の大学院経由で国立大学歯学部へ編入学する方法もあります。いずれにしても、歯学部への再チャレンジは可能ですのでご安心頂ければと存じます。


【ご質問4】

両親ともに医者です。息子は、現役入試の時に医学部一般入試に失敗し、合格した私立大学歯学部に通っていましたが、今年放校となることが決定しました。息子はあまり歯学に関心がなく、できれば医師の職業に就きたいと考えているようです。どのような選択肢が可能でしょうか。

【清光からの回答】

歯学部中退から医学部一般編入を実施している大学への医学部編入は可能です。

歯学部から医学部への編入は、近年の傾向として他学部出身者と比較して有利に進める事ができると考えています。

医学部への道を諦めきれない方には是非医学部編入に挑戦していただきたいと考えています。


【ご質問5】

娘を歯学部に入学させましたが、留年を繰り返し放校となりました。

できれば、歯学部以外で医療系の職業に就いてほしいと考えています。他にどのような選択肢がありますか。

【清光からの回答】

歯学部からですと、医師、薬剤師や、理学療法士などの医療系学部への編入が可能です。これらの職業は、歯学部で修得された知識を生かすこともできるかと思います。退学された方は、はじめは非常に落ち込んでらっしゃる方が多いですが、次の進路が決まると、基礎学力が高いので確実に編入受験の勉強をされて、次の進路に進んでいただいています。ご安心下さい。