元医学部生 再出発事例集


医学部退学後 再出発事例1

私立医学部で留年を繰り返され、自主退学となった。

ご両親と一緒に面談にお越しになり、ご本人も自信を失っておられたが、工学部に関心を持たれていたので、工学部への編入対策を実施。

工学部編入対策実施

 

▶対策科目:化学、数学、物理、小論文、英語、専門科目、面接対策実施

 

 国立大学工学部に編入後、大学での研究内容にこれまでにない興味を持たれ、トップの成績で大学院に進まれ現在も研究職として活躍されている。

大学院に進学された時、清光に挨拶にお越しになりました。

「自分には、医学より、こちらの道が合っていた。医学部に留まって、自分に合わない臨床の道に進まず、思い切って進路変更してよかった。」と当時の決断を振り返っておられました。


医学部自主退学後 再出発事例2

私立医学部で、6年生の時に、自主退学。

薬剤師に関心を持たれていたので、薬学部への編入対策を実施。

薬学部編入対策実施  

 

▶対策科目:化学、生物、数学、物理、英語、小論文、面接対策実施

 

薬学部編入合格後、薬剤師国家試験合格に向けて、進級対策講座を受講。

進級対策実施科目

▶︎創薬化学、臨床化学

薬剤師国家試験に無事合格された。 



医学部放校後 再出発事例3
私立医学部医学科で留年を繰り返し、5年生の時に定期試験で単位を落とし、放校。
国立大学理学部化学科編入希望。
国立大学理学部化学科編入対策実施

▶︎対策科目:小論文(化学に関する設問を含む)、化学、数学、英語、面接対策実施
結果、医学部で修得された専門知識と医学部在学中の単位を利用し、編入合格後、大学院に進学。現在は研究職として活躍されている。




医学部退学後 再出発事例4
国立大学医学部3年次退学後、私立大学薬学部編入希望。
私立薬学部編入対策実施

▶︎対策科目:基礎有機化学、基礎生物学、英語、数学、面接対策実施
無事2年次薬学部に合格された。




医学部自主退学後 再出発事例5
国立大学医学部3年次に体調不良と勉強について行けず自主退学。その後、私立大学医学部編入を希望。
私立医学部編入対策実施

▶︎対策科目:適性、英語、面接対策
結果、無事私立医学部2年次に合格されました。


医学部自主退学後 再出発事例6
留年を繰り返し、私立医科大学6年次に中退。その後、国立大学理学部生物学科への編入を希望。
国立大学理学部編入対策を実施
▶︎対策科目:生物、英語、面接対策
結果、無事国立大学理学部3年次に合格されました。