元獣医学部生再出発事例集



獣医学部中退後 再出発事例1
国立大学獣医学部3年次退学後、私立大学薬学部編入希望。
私立薬学部編入対策実施
▶対策科目:化学、生物、数学、英語、小論文、面接対策実施
無事合格されました。


獣医学部退学後 再出発事例2
国立大学獣医学部4年次退学後、私立大学医学部編入希望。
私立医学部編入対策実施 ▶対策科目:適性、英語、小論文、面接
無事合格されました。


獣医学部退学後 再出発事例3
国立大学獣医学部4年次退学後、国立大学理学部編入希望。
国立大学理学部編入対策実施 ▶対策科目:英語、数学、化学、生物、小論文
無事国立大学理学部生物学科に合格され、公務員として公衆衛生行政に従事されています。


獣医学部自主退学後 再出発事例4
私立大学獣医学部3年次退学後、私立大学薬学部編入希望。
私立薬学部編入対策実施
▶︎対策科目:基礎有機化学、基礎生物学、英語、数学、面接対策実施
無事2年次薬学部に合格された。



獣医学部留年放校後 再出発事例5

私立獣医学部で留年を繰り返し、4年生の時に放校。薬学部編入を決意。

私立大学薬学部編入対策実施

▶︎対策科目:化学、生物、数学、物理、英語、小論文、面接対策実施

無事私立大学薬学部二年次編入に合格されました。

現在では、獣医薬理学の知識を活かし薬剤師国家試験に向けて勉強されている。